ちょっとすてきなWATASHI生活

【ちょっとすてきなスターバックス】分かっているようで分かっていない!スターバックス リザーブ®のあれこれ

スターバックスリザーブ®って何?

最近よく耳にする「スターバックスリザーブ®」ですが「普通のスターバックスと何が違うの?」と疑問に思っている方は意外と多いはず。

また「スターバックスリザーブ®︎」について調べてみると「スターバックスリザーブ®︎コーヒー」「スターバックスリザーブ®︎ロースタリー」「スターバックスリザーブ®︎ストア」「スターバックスリザーブ®︎バー」という様々な言葉が飛び交い「一体何がなんなの?」と思ったことはありませんか?

実は私も「スタバのちょっとお高めのコーヒーでしょ?」くらいに思っていたので、 ちゃんと説明ができなかったんです。 誰かに聞かれた時に説明ができるよう念入りに調べてみました。笑

スターバックスリザーブ®︎とは

スターバックスのオフィシャルサイトの中にあるスターバックス リザーブ® のページにはこう書かれてあります。

私たちは毎年、すばらしいコーヒーを求めて世界中を旅しています。
時として、すぐにでも持ち帰って、たくさんの人に味わっていただきたい希少で個性的なコーヒーに出会うことがあります。
私たちのコーヒーバイヤーやファーマーサポートセンターの農学者たちは世界中のコーヒー農家を訪れて信頼関係を築くことでそういったコーヒーの発見、そして調達にまでこぎつけたのです。
カッピングと呼ばれる風味テストを年間25万杯以上も繰り返すスターバックスの専門テイスターが厳選した、最も個性豊かなコーヒー。
それが、スターバックス リザーブ® コーヒーです。

スターバックスオフィシャルサイトより

そうなんです!

スターバックスリザーブ®︎スターバックスが厳選した希少コーヒー豆のことを言うんですね!

スターバックスリザーブ®︎コーヒーとは

厳選した希少なコーヒー豆のことをスターバックスリザーブ®︎と呼ぶことが分かったので、次は「スターバックスリザーブ®︎コーヒー」の謎について解説していきます。

スターバックスのオフィシャルサイトには、スターバックスリザーブ®︎コーヒーについて、このように説明がありました。

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックスオフィシャルサイトより

スターバックスリザーブ®︎のコーヒー豆を、知識と経験が豊富なバリスタの手によって、私たちが美味しく飲めるよう提供してくれます。

スターバックスリザーブ®︎コーヒーは、バリスタの手によって抽出された(オーダーした)コーヒーのことを言います。

スターバックスリザーブ®︎ロースタリーとは

まだまだスターバックスリザーブ®︎シリーズの謎は残っているので、先程のワードを覚えているうちに「スターバックスリザーブ®︎ロースタリー」について解説していきましょう!

ロースタリーは焙煎工場という意味で、焙煎工場を併設したコンセプト店舗のことを「スターバックスリザーブ®︎ロースタリー」と呼びます。

2014年にアメリカ・シアトルに「スターバックスリザーブ®︎ロースタリー」の1号店がオープンしました。その後2017年に中国の上海に2号店がオープン、翌年の2018年9月にイタリアのミラノに3号店がオープン、同年の12月にアメリカのニューヨークに4号店がオープンしました。

そして、2019年2月に世界で5番目の店舗として東京の目黒区に「スターバックスリザーブ®︎ロースタリー東京」がオープンとなり、日本でも話題となりましたね。

こちらの店舗から、全国のスターバックスリザーブ®︎販売店舗へ商品が届けられているそうです。ちなみに、2019年9月8日現在で、スターバックスリザーブ®︎販売店舗は国内に64件ありますよ。

STARBUCKS RESERVE® ROASTERY TOKYO|スターバックス コーヒー ジャパン

スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京は、のめり込むようなコーヒー体験を中目黒からお届けいたします。希少なコーヒー豆を、それぞれにふさわしい条件で丁寧に焙煎した「スターバックス リザーブ®」、上質な茶葉とボタニカルな素材で、ティーを多彩に変えていく「TEAVANA™」、芸術的な感性で計算されつくしたレシピとバーテンダーの技術が織りなす「アリビアーモ™」、多様な人々が集いアイデアが生まれる「AMUインスピレーションラウンジ」では、様々なセミナーやイベントを開催いたします。ここでしか味わえないこだわりの素材を丹精込めて焼き上げた「PRINCI」のペストリーやブレッドをぜひご堪能ください。

スターバックスリザーブ®︎バーとは

スターバックスリザーブ®︎販売店舗である国内の64件すべての店舗でスターバックスリザーブ®︎コーヒーを楽しむことができます。

しかし、この64件全てのスターバックス店舗を「スターバックスリザーブ®︎バー」と呼ぶ訳ではありません。

スターバックスの店舗に行った時に、オーダーカウンターの半分がバーカウンターになっている店舗を見かけたことはありませんか?

スターバックスリザーブ®︎ロースタリー東京のように、バリスタとの会話やスターバックスリザーブ®︎コーヒーを身近に楽しんでもらえるようにという想いから「スターバックスリザーブ®︎バー」ができたそうです。

スターバックスリザーブ®︎バーは、リザーブバーカウンターがあることと、ビールなどのお酒が飲めるのが特徴です。ちなみに、2019年9月8日現在で、スターバックスリザーブ®︎バーは国内に15件あります。

※スターバックスリザーブ®︎バーでも現時点ではリザーブバーカウンターがない店舗もあるそうです。

スターバックスリザーブ®︎ストアとは

2019年9月4日東京・銀座に「スターバックスリザーブ®︎ストア」がオープンしました。

Starbucks Reserve®︎Store 銀座マロニエ通り1F

銀座の店舗は「スターバックスリザーブ®︎ロースタリー」ではないので、焙煎工場はありません。

スターバックスリザーブ®︎ロースタリー東京の意思を受け継いだ姉妹店というようなイメージですね。

オープンから3日後の2019年9月7日に「スターバックスリザーブ®︎ストア銀座マロニエ通り」に行ってきました!

【ちょっとすてきなスターバックス】スターバックス リザーブ®ストア銀座マルニエ通りに行ってきた!

スターバックスリザーブ®︎のまとめ

簡単にまとめてみました

▶︎スターバックスリザーブ®︎は、スターバックスが厳選した希少なコーヒー豆のこと。

▶︎スターバックスリザーブ®︎コーヒーは、スターバックスリザーブ®︎のコーヒー豆をバリスタが抽出してくれたコーヒーのこと。

▶︎スターバックスリザーブ®︎ロースタリーは、焙煎工場を備えたコンセプト店舗のこと。

▶︎スターバックスリザーブ®︎ストアは、スターバックスリザーブ®︎ロースタリーで提供しているコーヒーやお食事が楽しめる店舗のこと。

▶︎スターバックスリザーブ®︎取扱店舗は、スターバックスの店舗でスターバックスリザーブ®︎のコーヒー豆を取り扱っている店舗のこと。

▶︎スターバックスリザーブ®︎バーは、スターバックスリザーブ®︎取扱店舗の中でも、よりスターバックスリザーブ®︎コーヒーを楽しめるように、バーカウンターのある店舗のこと。

関連サイト

・スターバックスオフィシャルサイト
https://www.starbucks.co.jp/
・スターバックスリザーブ®オフィシャルサイト
https://www.starbucksreserve.com/
・スターバックスリザーブ®ロースタリー東京
https://www.starbucks.co.jp/roastery/
・スターバックスリザーブ®ストア
https://www.starbucks.co.jp/reserve-store/
・スターバックス公式アプリ
App Store   Google play

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です