ちょっとすてきなWATASHI生活

【ちょっとすてきなコロナ対策】緊急事態宣言で休校・休園となった子育て世帯の楽しい過ごし方!買い出し不要の「ペーパークラフト」でおうち遊び!

2020年4月8日、コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発令されました。

今回は自宅のプリンターを使用して、買い出し不要で今すぐ遊べる可愛いペーパークラフトを配信しているサイトを紹介したいと思います!

たくさんの友達と過ごせる学校生活には敵いませんが、休校・休園中の今、7歳と4歳の子供たちと一緒に、楽しく学べる遊びを考えて有意義な毎日を過ごしたいと思います!

コロナウイルスが蔓延し緊急事態宣言が出るまでの私たちの生活や、海外旅行の判断、コロナ対策のちょっとした疑問など色々書いています。

ペーパークラフトに関する記事は下に記載してありますので飛ばしてくださいね!

世界中に蔓延するコロナウイルス

COVID-19

1月にコロナウイルスが話題になりましたが、その頃はまだ中国内のみの出来事で、数ヶ月で世界中に蔓延する未来を誰が予測できたでしょう…

1月末には日本国内で初めの感染者が確認され、3月中旬にかけて世界中に広がっていきました。

さまざまな噂が恐怖を煽る

コロナウイルスの感染が確認された当初は、感染すると危険なのは70代以上のご老人や持病を持つ方で、若者の感染リスクは低く、子供には感染しないなどの噂がチラホラ出回っていて私も鵜呑みにしていました。

また、BCGを受けている国の感染率が低いなども囁かれており、何がデマで何が真実なのか一般人にはなかなか判断ができません。

今では世界中で年代関係なく感染することが伝えられており、健康な若者でも死に至る場合もあると言われており、本当に恐ろしいウイルスだということだけは理解しました。

2月の海外旅行の判断

私たちはコロナウイルスが発見されるより前の2019年11月にエアカランのフライトを予約していました。2月出発のニューカレドニアへ旅行でしたが、行くか行かないか本当に毎日悩みました。

エアカランに問い合わせると「政府から入国制限などの規制がかからない限りフライトは予定通りです。」とのことでした。

ニューカレドニア観光局は「元々ニューカレドニアではビザの関係で中国人観光客が少ないこともあり、特に現地でコロナウイルスについての制限や差別などのトラブルは起きていません。」とのことでした。

旅行までの期間、出来る限り外出を控えて過ごし、家族会議の末行く決意をしました。

私たちが帰国したのが3月2日。

ニューカレドニア観光局は、3月5日のTwitterでもこのようにツイートされていました。

ツイートがされたのは、コロナウイルスの影響が国内でも徐々に深刻化してきた時期でしたが、ニューカレドニアでは感染者がいなかったこともあり、この時はまだ観光客を受け入れていました。ニューカレドニアで結婚式など、簡単には変更できない旅程を組まれている方は行かれたことでしょう。

もちろん私たちが訪れた2月24日〜3月1日のニューカレドニアでは、コロナウイルスのコの字も感じられない穏やかな生活がありました。また、アジア人差別などもなく、温かく迎え入れてくれたこと、心から感謝しています。

ニューカレドニアの旅行記はこちら

緊急事態宣言が発令

時間が経つにつれ、次第にコロナウイルスの特徴が明らかになり、2020年4月8日に日本国内の7都道府県で緊急事態宣言が発令されました。

緊急事態宣言が出る前から、自粛要請のある土日のみならず、なるべく不要不急の外出はしないようにしていました。

政府の対策や対応

学童に通う息子についても「感染拡大防止のため3月末から当面の間休ませます」と伝えていました。

学童利用の自粛をお願いした他の市では、学童の休会手続きが出来るというツイートを読んだので、私も確認してみましたが「1ヶ月休んでも利用料はお支払いいただきます」とのこと。

緊急事態で利用自粛を呼びかけている中、利用しない人への利用料の請求は当たり前ですかね?

また、医療現場にマスクが足りない中、466億円もかけて一世帯に2枚配布したり、色々と不思議に感じています。

しかし、ここはグッと堪えてとにかく家にいましょう。笑

緊急事態宣言まで

子どもたちと楽しくお家遊び!

STAY HOME!

コロナウイルスの実態が徐々に明らかとなりつつあります。まさに見えない敵です。

「2週間の潜伏期間」「無症状感染者」この2点がコロナウイルスを気付かない間に蔓延させてしまう原因ですよね。

万が一自分が感染して無症状の場合でも、おじいちゃん、おばあちゃんに移してしまうことはあるようなので、私は外に出て誰かと会いたいなど微塵も思いません。

ただ、元気いっぱいの子どもにとって、ずーっと家の中で過ごすのは正直しんどいだろうなぁと思っていました。しかし、うちの子は「コロナは嫌いやけど、家族で過ごせるから嬉しい!」と笑顔で言います。

ならば、いつもより楽しく過ごそうじゃないか!ということで、家にあるもので子どもたちと楽しく出来る遊びや学びを考えてみました!

買い出し不要!ペーパークラフト

今回は、おうちで簡単に工作ができるペーパークラフトに注目してみました!

買い出しのために外に出るとコロナ対策にならないので、ペーパークラフトのデータを配信しているサイトを探してみました!

さまざまなサイトがありますが、可愛くてハイクオリティなペーパークラフトを配信しているサイトを紹介したいと思います!

子どもたちと一緒に、大人も楽しみましょう!

Canon Creative Park

今回紹介したいのは、プリンターで有名なキャノンが手掛けるサイト「Canon Creative Park(キャノンクリエイティブパーク)」です。

ダウンロードページに5段階の難易度が記されているので、子どもの年齢に合わせてえらべる選べるのが良いですね!

ぱくぱくハンドパペット(赤ずきん)

こちらは4歳の娘と作った「ぱくぱくハンドパペット(赤ずきん)」です!

折り紙のパクパク(パックンチョ)の作り方で簡単にできるので、幼稚園の娘でも楽しく作ることが出来ました!

ダウンロードにはCanon IDが必要なものと不要なものがあるので、各ダウンロードページで確認してみてくださいね!

ぱくぱくハンドパペット(赤ずきん)のDLページはこちらです!

ウサギの耳の花冠

こちらは4歳の娘と作った「ウサギの耳の花冠」です!

娘はうさぎが大好きなのでこれを選びましたが、この時期のイベントであるイースターにぴったりですね!

ウサギの耳の花冠のDLページはこちらです!

手乗りハリネズミ

こちらは7歳の息子が一人で作った「手乗りハリネズミ」です!

立体で丸々としたボディがとってもキュートなですよね。少し細かくカットしなければならない部分はありますが、小学生でも集中すれば1時間ほどで作ることが出来ました!

手乗りハリネズミのDLページはこちらです!

ヨツユビハリネズミ

こちらも7歳の息子が一人で作った「ヨツユビハリネズミ」です!

手乗りハリネズミを作った後、息子が「これも作りたい!」というので ヨツユビハリネズミも挑戦してみました。

「手乗りハリネズミ」より 「ヨツユビハリネズミ」 の方が難易度が高いので時間が掛かっていましたが、なんとか完成しましたよ!

ヨツユビハリネズミのDLページはこちらです!

フクロモモンガ

こちらも7歳の息子が一人で作った「フクロモモンガ」です!

フクロモモンガはパーツが細かいので、小学生の息子も少し苦戦していましたが、楽しく作ることが出来ました!頑張って完成したら嬉しいですよね!

モモンガといえば木から木へ飛び移る姿が有名ですよね。息子はモモンガを作ってロフトから飛ばしてみたかったようです。笑

フクロモモンガのDLページはこちらです!

Mr.Printables

次におすすめしたいクラフトペーパーの配布サイトは、「Mr.Printables」という海外のサイトです。

私が6年ほど前からブックマークをしている、とっても可愛いクラフトペーパーがDLできるおすすめのサイトです。

Arctic Animals Paper Fans

これは5年ほど前に作ったフクロウさんとくまさんのペーパーファンです。

日本語ではありませんが、本当に可愛いデザインばかりなので、是非のぞいてみてくださいね!

ペーパークラフト配布サイト まとめ

コロナ対策として1番有効な外出自粛。

親子で楽しくおうちで「ペーパークラフト」をしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です