ちょっとすてきなWATASHI生活

【ちょっとすてきな子連れ旅】2020年2月、エアカランでニューカレドニアへ!新型コロナウイルスの影響や機内の様子についてまとめてみました!

新型コロナウイルスの状況について
更新日:2020年3月19日
重要な情報: 非居住者外国人の入国禁止


ニューカレドニアに現在滞在中の日本人訪問者について
ニューカレドニアはニューカレドニア非居住者に対し、至急母国へ帰国するよう要請しています。航空会社および担当の旅行代理店、現地オペレーターにすぐに連絡をしてください。もし帰国のための手配に関する問題がある場合は、下記のホットラインに電話をしてください。(英語・フランス語対応)
+687 26.63.26
対応時間(ヌメア時間):月曜日から金曜日朝6時〜夕6時まで

ニューカレドニア観光局 WEBサイトより

本日またニューカレドニア観光局から旅行者に重要な情報が入りましたので記載しておきます。(更新:2020年3月19日)

昨日までの対応についても記録として残しておきます。

新型コロナウイルスの状況について
更新日:2020年3月18日
国内での感染を防ぐため、3月17日より、入国者全員に14日間の自宅もしくは宿泊施設などでの待機が義務付けられました。

ニューカレドニア観光局 WEBサイトより

これまでニューカレドニアでは感染者が出ておらず、旅行者の制限はありませんでしたが、3月11日に世界保健機関(WHO)によるパンデミック宣言があったことにより、ニューカレドニアでの待機が義務付けられたようです。

ニューカレドニアはギリギリまで観光客を迎え入れてくれていたので、こちらの記事で現地の様子をお伝えしてきました。

しかし、ニューカレドニア観光局には「可能であれば、ニューカレドニアへのご旅行は延期することをお勧めします 」と書かれてあります。

私がニューカレドニアに行った時にはコロナウイルスの影響はありませんでしたが、状況は刻々と変化しています。

ニューカレドニアの最新情報についてはニューカレドニア観光局のWEBサイトをご覧ください。(更新:2020年3月18日)

---

2020年2月24日~2020年3月2日まで、7歳と4歳の子連れでニューカレドニアに行って来ました!

今回は新型コロナウイルスによる、関西国際空港とエアカラン機内の様子についてまとめてみました。

状況は刻々と変化しますが、少しでもこの記事で、これから海外旅行に行かれる方のお役に立てたらと思います。

私たちは2018年9月にもニューカレドニアへ行きましたが、その頃はまだ子供が小さかったので、ヌメアから近い離島、メトル島とカナール島に行きました。

世界遺産に認定されている南太平洋の海はやはり美しかったです。

毎日のようにウミガメに会えたり、水上レストランにイルカが遊びにきてくれたり、水上コテージの景色もモルディブに匹敵するほど。

そして2020年2月の息子の誕生日あたりにまた海外旅行に行きたいねーという話になり、2019年11月にエアカランのフライトを予約しました。

その数日後に、エアカレドニのサイトでイルデパン行きのフライトを予約して準備万端!

しかし!

2020年1月末ころから、予期せぬ事態が日本国民を襲ってしまったのです。

あらすじ

前回のニューカレドニア旅行記はこちら。

日本にも拡大してしまった新型コロナウイルス

中国の武漢で初めの感染者が確認され、その後拡大し、2020年1月末に日本でも初めて感染者が確認された、新型コロナ ウイルス感染症(COVID-19)です。

その後、日本中の100均一や薬局からマスクや消毒液がなくなり、2月中旬には県や市が主催のイベントは中止になりました。

そして、旅行はもちろん、出張まで自粛ムード。

私たちは2020年2月24日関空発のフライトで、その時ニューカレドニア内でまだ感染者はいない状況でした。

こんな状況の中「本当に行っていいのかな?」と何度も家族会議をし、エアカランに確認を取りましたが、フライトは予定通りとのこと。

旅行会社のツアーであればキャンセルは簡単ですが、私たちは今回も個人手配なので、エアカランがフライトを中止にしないのであれば「行こう!」と決めました。

2020年2月24日フライト当日の関西国際空港

新型コロナウイルスの影響

関空はマスクの人だらけです。

関西国際空港からニューカレドニアのトントゥータヌメア国際空港まで直行便で約9時間。

南太平洋にあるニューカレドニアもハワイとそんなに変わらないんですよ。

ただ驚いたのは、今回の関西国際空港はいつもと違います。

目の前にはマスクの人だらけ。

「みんなマスクしてるね」と4歳の娘と話をしていると、マスクをしていない人を見つけたら娘が過剰に反応するようになってしまい困りました。

関西国際空港は本当にマスクの人ばかりだったので、少し異様な光景に感じました。

日本ではマスク不足ですが、これから空港に行かれる方はなるべく持っておいた方が良さそうです。

これからニューカレドニア旅行を検討されている方は、持ち物リストもチェックしてみてくださいね!

関西国際空港4Fのスターバックスノースゲート店でプチトラブル

昨年、念願のプライオリティパスをゲットしたこともあり「せっかくだから今回の旅行で使いたいね」と話していました。

しかし、関西国際空港でプライオリティパスで入れるラウンジはたった1つ。KALラウンジのみなんです。

KALラウンジは関西国際空港の第1ターミナルにあります。しかし、ここは制限区外なので搭乗開始までゆっくりする事はできません。

今回私たちは出発が少し遅くなってしまったこともあり、KALラウンジには行かず、4階のスターバックスで朝食を購入。

その後すぐにエアカランのチェックインカウンターが開いたので、食事の前に出国を済ませました。

そして、出国後にスタバで購入した商品を取り出すと…

「ママー!シュガードーナツなーい」

と娘がお怒りの様子。

レシートには記載があるのに入っていない。しかも、私たちはもう出国手続きをして制限区内に入ってしまった…笑

クレジットカード会社のラウンジ「金剛」

娘の怒りを沈めるため、金剛というラウンジに入り、ジュースタイムで少し落ち着きを取り戻しました。笑

購入したスターバックスに電話をして「フード6点購入しましたが、5点しか入ってなくて」と伝えると…

「私たちはそちらにお届けすることができないため、国際線出発エリアにあるスターバックスエアサイド店からお客様に届けてもらえるか確認します」と言ってくれました。

すると、本当にスターバックスエアサイド店のスタッフさんが金剛の中までシュガードーナツを持って来てくれました!

さすがスタバ。
国を越えた神対応に感動しました。

エアカランでニューカレドニアへ!

最終案内で搭乗してしまった!

金剛からゲートまで走って向かいましたが想像していたより遠く、向かった頃には最終案内になってしまいました!

こんなの初めてです。笑

なんとか無事機内に搭乗し、予定時刻ピッタリに離陸しました。

いつも機内中央の4シートを前後で押さえて、2手に分かれて座っていますが、今回は空いていないということで、とりあえず決まったお席に着席。

久しぶりの窓際です。

お天気に恵まれました。
iPhoneで撮影したと思えない最高の景色!

ハイビスカスがエアカランらしさを醸し出していますね。

さぁ、ニューカレドニアにいざ出発です!

エアカランのインテリアと機内設備

2018年にニューカレドニアに行った時とガラリと雰囲気が変わったような…

南国風でありながら、とっても爽やかで清潔感のあるインテリアです。

"リニューアルしたのかなぁ"

と、前回の機内を思い出してみると、機内エンターテイメントがあまり充実しておらず、機内WiFiもなかった記憶が。

今回は機内エンターテイメントも豊富で、もちろん機内WiFiも装備されていました。

そうだ!

前回は、エアカリブのリース機材によるフライトだったんです。

もちろんサービスは全てエアカランですが、機内エンターテイメントは日本語対応していなかったことを思い出しました!

エアカランの機内はこんなに素敵だったのね。益々ニューカレドニアが好きになりそうです。

コロナウイルスの影響による空席?

私たちは子供連れなので、オンラインチェックインはできません。

必ずチェックインカウンターへ向かうことになるので、 事前に座席が決まっていても、 口頭で座席の希望を伝えています。

いつもは中央シートの4席空きあり前後2列を希望していますが、今回は前後2列で4席空きのシートがないということで、後方の並び席、39列のABCDを押さえてもらいました。

搭乗後座席周辺を確認すると、ちらほらと空席はあるものの、後方は移動できるスペースはない様子でした。

その後CAさんから「中央シートをご希望されておられましたか?前方に空きがございますので宜しければご移動ください」と声をかけてもらい、前方へ移動すると…

空席だらけ!!!

前方はガラガラでした。

私たちが移動した時、中央シートは8列ほど空いていました。
徐々にみなさん移動されてもこんなに余裕があります。

コロナウイルスの影響を受けている可能性はありそうです。

ただ、機内でのマスク着用率は50%以下のように感じました。

"空港では特に気をつけている"という印象です!

ただ、機内のアイマスクをマスク代わりに口元に当てて使用している人を見かけた時は、二度見してしまいました…。

機内でサプライズイベント!

突然CAが桜の造花を持って急いでテープで貼っていて、「一体何が行われるんだろう??」と疑問に思っていました。

なんの説明もないまま、数カ所に渡り桜が飾り付けられたので「まさか緊急事態?」と少し焦りました。笑

私はてっきり、機内でコロナウイルス感染者が発見されたことから、乗客がパニックを起こさないように桜の花を目印に指示をするとか。

そんな妄想をしてしまいました。笑

その後手渡されたのがペンライト(ケミカルライト)と風船。

CAに「何があるの?」と聞いてみると「今日で30年間のフライトを終えるCAがいるので、サプライズにご協力お願いします」とのこと!

緊急事態じゃなくて良かったー。

メインのCAが通る時、機内は真っ暗になり、サプライズイベントの始まりです!

機内の照明が点灯した後、前方からCAが笑顔で歩いてきました。その時、メッセージボード担当になったお客さんがタイミングを合わせてボードを掲げていました!

最後まで素敵な笑顔で任務をこなしてくれたCAさん。
最高のフライトをありがとう!


いかがでしたでしょうか?
私自身、今回のニューカレドニア旅行に行くか悩み、現地の情報が少なくて困ったので、急いで記事にまとめてみました!

初日はラマダホテルに泊まります。
ラマダホテルについてこちらの記事に詳しくまとめていますので、是非ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です