ちょっとすてきなWATASHI生活

【ちょっとすてきな子連れ旅】GWは海外発着のクルーズがおすすめ!マリーナベイ・クルーズセンターから乗船までまとめました!

そろそろ2020年のGWの予定を考え始める時期が近づいてきましたね。

GWはどこも混んでいるので、国内で出掛けるのはあまり好きではありませんでしたが、海外は大型連休ではないので比較的空いています!
もちろん、日本人の海外旅行の王道であるハワイやグアムなど選んではいけません。笑

今回は日本の大型連休時に是非おすすめしたい、海外発着のクルーズ旅をご紹介します!

私たちは、 2019年5月3日から6日までのボイジャー・オブ・ザ・シーズで行く【 アジアショートクルーズ3泊4日】に乗船してきました。
今回のクルーズの寄港地は、マレーシアとインドネシアのビンタン島です。

シンガポール発着なので、まずはマリーナベイ・クルーズセンターからボイジャー・オブ・ザ・シーズ乗船までを記事にまとめました!

今年もギリギリまでGWの旅行の日程が決まらず、4月に入ってから急遽、5月3日発のシンガポール発着、ボイジャー・オブ・ザ・シーズに乗船することが決まりました!

旅行会社を通さず、クルーズを直接予約するのは初めてなので、今回はロイヤルカリビアン日本総代理店であるミキツーリストさんのサイトから予約をしました。

しかし、2019年のGWは10日間の大型連休ということもあり、どこのフライトもいっぱい。

やっとのことで見つけたフライトは、ベトナム航空。GWでもなんとか予算内で空いていたので経由で行くことに。

ちなみにベトナム航空はエコノミーでも無料受託手荷物が40kgまでのOKなのもありがたい。
※2019年8月からベトナム航空の無料受託手荷物の規定が変更となりました。詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。

2019年5月2日の朝に関空を出発し、その日の夜にシンガポールに到着するフライトで向かいました。

到着日はシンガポールに1泊して、翌日にマリーナベイクルーズセンターへ向かうプラン。

今回乗船するクルーズ、ロイヤルカリビアン のボイジャーオブザシーズは、シンガポールから乗船し、マレーシア、インドネシアのビンタン島へ寄港し、シンガポールに帰ってくる3泊4日のアジアショートクルーズ。

クルーズの後はセントーサ島でのんびり1泊してから帰国という5泊7日の旅となりました!

また、シンガポールの移動では、人生で初めての配車アプリ「Grab」を利用しました。
実際に乗車した際のGrabの料金なども公開しているので、是非ご覧ください。

【ちょっとすてきな子連れ旅】GWに行くボイジャー・オブ・ザ・シーズのアジアショートクルーズ!乗船前夜のシンガポールで配車アプリGrabを使ってみた!


あらすじ

マリーナベイ・クルーズセンター・シンガポールとは

アジア最大級のクルーズターミナル!

なんだかこのサブタイトルに見覚えが・・・

思い返せば、8月にコスタネオロマンチカに乗船し、寄港先の釜山港国際旅客ターミナルの記事を書いた際に、アジア最大級って書いた記憶がありました・・・。

【ちょっとすてきな子連れ旅】コスタネオロマンチカで行く!古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山 3日目[釜山港]

マリーナベイ・クルーズセンター・シンガポールは2012年、釜山港国際旅客ターミナルは2015年にオープンしました。

どちらもアジア最大級ということに間違いない規模ですが、実際に面積を比較しているサイトは見当たりませんでした!

どっちが大きいんだろう。笑

アクセス抜群のクルーズセンター!

マリーナベイ・クルーズセンター・シンガポールは、名前の通りマリーナベイエリアにあります。

シンガポールの中心に位置するので、比較的どのホテルからでもアクセスが良いのが特徴ですね!

今回私たちは「Grand Park City Hall」というホテルに宿泊しました。

ホテルからマリーナベイ・クルーズセンター・シンガポールまで車で約15分弱だったので、Grabで向かうことにしました。

配車アプリ「Grab」についてこちらの記事にまとめています。是非ご覧ください。

【ちょっとすてきな子連れ旅】GWに行くボイジャー・オブ・ザ・シーズのアジアショートクルーズ!乗船前夜のシンガポールで配車アプリGrabを使ってみた!

私たちは乗船前日にシンガポールに到着し、夜のシンガポールを満喫しました。

短時間でしたがマリーナベイ・サンズのナイトショー「SPECTRA」や、シンガポールで100店舗目のスターバックスにも立ち寄ることが出来たので大満足です!

ただ、今年もマーライオンに会えなかったことだけが残念でした!笑

【ちょっとすてきな子連れ旅】GWに行くボイジャー・オブ・ザ・シーズのアジアショートクルーズ!乗船前日は夜のシンガポールを満喫!マリーナベイ・サンズのナイトショー「SPECTRA」と国内100店舗目のスターバックスに行ってきた!

ちなみに今回クルーズ乗船前に宿泊したホテルは、2018年に全面リニューアルオープンし、 モダンなインテリアと、最新のハイテク設備が魅力の5つ星ホテルです。

また、朝食付きの宿泊プランを選ぶと、ホテル内にあるRestaurant&Bar「Tablescape ( テーブルスケープ ) 」でお食事ができるのでとってもお得!ここのクロワッサンが絶品なんですよ。

「Grand Park City Hall」は、自信を持っておすすめできるホテルです。

ホテルのお部屋やレストランについて気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

【ちょっとすてきな子連れ旅】GWに行くボイジャー・オブ・ザ・シーズのアジアショートクルーズ!乗船前夜のシンガポール 朝食が美味しい五つ星ホテル[Grand Park City Hall]

マリーナベイ・クルーズセンター・シンガポール乗船までの流れ!

華やかな旅客ターミナル

車でターミナルに到着です!さすが最先端のシンガポールは旅客ターミナルも斬新ですね。日本の港とは華やかさが違います。

とはいえ、2020年にオープンする「東京国際クルーズターミナル」も楽しみですよね。笑

ちなみに、東京国際クルーズターミナルの記念すべき第一船目に選ばれたのが、ロイヤルカリビアンの新造船、スペクトラム・オブ・ザ・シーズなんですよ!

【ちょっとすてきなクルーズ情報】ロイヤルカリビアンの新造船!スペクトラム・オブ・ザ・シーズの船内見学会に行ってきた

入口の目の前まで車で行ける!

車を降りると、目の前に入口がありました。そこには船のアイコンと矢印が。とっても分かりやすい表示にほっこり。笑

世界中の人が集まるクルーズセンターならではの表示ですよね。とにかく矢印の方向へ進んでみましょう。

まずはスーツケースを預ける

中に入ると、マリーナベイ・クルーズセンターの規模に圧倒されます。また、奥に並んでいる人の人数にも驚いてしまいました。

しかし、この人数で驚いてはいけなかったんです…。笑

何からすれば良いのかわからないので、まずはこの行列の最後尾に並んでみようと近づいてみると、スタッフがスーツケースを預けてから来るよう案内をしていました。
スーツケースの預け場所は外にあり、私たちが入った扉の1つ奥でした。

外に出ると、そこにも行列ができていて、最後尾に並ぼうとすると「こっちこっち」と呼ばれ、すぐに荷物を預けることができました!

荷物タグをスーツケースにつけて向かったので、 スムーズに預けられたようです!預ける荷物のタグは事前に準備していきましょう。

身軽になったらセキュリティチェックへ!

外でスーツケースを預けた後は、建物の中に入って、先ほどのスタッフさんがいる場所へ向かうと、セキュリティチェックの列に並ぶよう伝えられます。

ここもなかなかの行列だったのですが、意外とスムーズに進みました。

セキュリティチェックを終えると、エスカレーターで2階に進むよう指示があります。(エレベーターもありましたよ)

搭乗手続きについて

搭乗手続きは長蛇の列!

2階へ進むと、さらなる大行列が。
「これに並ぶの〜」とちょっと心が折れそうになるレベルです。笑

搭乗手続きですが、お部屋のグレードや階数、クラウン&アンカーのランクなどで搭乗の時間が変わるようです。

事前にチケットの時間を確認して向かいましょう。

先にお手洗を済ませましょう

エスカレーターを登った先にお手洗いがあるので、子供たちのお手洗いを事前に済ませてから列に並ぶことをおすすめします。

搭乗手続きはスムーズ

11:15から列に並び始め、カウンターに案内されたのは11:55でした。

搭乗手続きに40分並ぶと予想していなかったので、子供たちがグズらないか心配しましたが、ディズニーランドのアトラクションに並ぶのに慣れていたお陰で無事に受付までたどり着きました。

パスポートとチケットを渡すと、全員の顔写真を撮影してくれるので、その後クルーズカードを受け取ります。

長蛇の列の割には、手続きはスムーズに終わりました。

「TO SHIP」の案内に従いましょう

特にスタッフからの案内はないので、クルーズカードを受け取った後は、「TO SHIP」の看板の指示通り進みましょう!

ここは人が少ないのでスムーズに歩くことが出来ます。

ついにボイジャー ・オブ・ザ ・シーズとご対面!

今回は、子連れのクルーズ旅行では絶対に外せない客船、ロイヤルカリビアンのボイジャー ・オブ・ザ ・シーズに乗船です!

ここで撮影している方が多いのですが、ボイジャー・オブ・ザ・シーズが大きすぎて写真におさまりませんでした!笑

搭乗ゲートへ向かいます

撮影を終えると、ついに乗船です。
ボイジャー・オブ・ザ・シーズと並んだ、この長い長い道を進んでいると、船の大きさに圧巻です。

乗船する際「ここからは撮影禁止かな?」と、意外と消極的な性格が出てしまい撮影できませんでした!笑

前に進みながら家族のクルーズカードを提示したり、パスポートを渡したり何かとバタバタしていると、あっという間に船の中でした!笑

これから船旅の始まりです!

アジアショートクルーズへ

今回は、シンガポールから出港し、マレーシア、インドネシア(ビンタン島)へ寄港し、シンガポールに帰港するアジアショートクルーズ3泊4日の旅です。

ちなみに・・・

ボイジャー・オブ・ザ・シーズは2019年の10月に大改装され、新しく生まれ変わりました!

私たちは改装前のボイジャーに乗船したので、リニューアルしてどこが変わったのか比較しながら読んでもらえると、より楽しんでいただけると思います!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です