ちょっとすてきなWATASHI生活

【ちょっとすてきな子連れ旅】ニューカレドニア家族旅行!ラマダホテルからアンスバタビーチまで歩いてみた!新型コロナウイルスに影響されない現地の様子

新型コロナウイルスの状況について
更新日:2020年3月19日
重要な情報: 非居住者外国人の入国禁止


ニューカレドニアに現在滞在中の日本人訪問者について
ニューカレドニアはニューカレドニア非居住者に対し、至急母国へ帰国するよう要請しています。航空会社および担当の旅行代理店、現地オペレーターにすぐに連絡をしてください。もし帰国のための手配に関する問題がある場合は、下記のホットラインに電話をしてください。(英語・フランス語対応)
+687 26.63.26
対応時間(ヌメア時間):月曜日から金曜日朝6時〜夕6時まで

ニューカレドニア観光局 WEBサイトより

本日またニューカレドニア観光局から旅行者に重要な情報が入りましたので記載しておきます。(更新:2020年3月19日)

昨日までの対応についても記録として残しておきます。

新型コロナウイルスの状況について
更新日:2020年3月18日
国内での感染を防ぐため、3月17日より、入国者全員に14日間の自宅もしくは宿泊施設などでの待機が義務付けられました。

ニューカレドニア観光局 WEBサイトより

これまでニューカレドニアでは感染者が出ておらず、旅行者の制限はありませんでしたが、3月11日に世界保健機関(WHO)によるパンデミック宣言があったことにより、ニューカレドニアでの待機が義務付けられたようです。

ニューカレドニアはギリギリまで観光客を迎え入れてくれていたので、こちらの記事で現地の様子をお伝えしてきました。

しかし、ニューカレドニア観光局には「可能であれば、ニューカレドニアへのご旅行は延期することをお勧めします」と書かれてあります。

私がニューカレドニアに行った時にはコロナウイルスの影響はありませんでしたが、状況は刻々と変化しています。

ニューカレドニアの最新情報についてはニューカレドニア観光局のWEBサイトをご覧ください。(更新:2020年3月18日)

---

2020年2月24日~2020年3月2日まで、7歳と4歳の子連れでニューカレドニアに行って来ました!

今回はヌメアのアンスバタにある4つ星ホテル「ラマダ ホテル アンド スイーツ ヌメア」からアンスバタビーチまで歩いてみました!

また、新型コロナウイルスに影響されない現地の様子についても詳しく書いていきたいと思います。

新型コロナウイルスの状況は刻々と変化しますが、少しでもこの記事で、これから海外旅行に行かれる方のお役に立てたらと思います。

関西国際空港やエアカランの機内の様子について、こちらの記事にまとめました。

私たちは2018年9月にもニューカレドニアへ行きましたが、その頃はまだ子供が小さかったので、ヌメアから近い離島、メトル島とカナール島に行きました。

世界遺産に認定されている南太平洋の海はやはり美しかったです。

毎日のようにウミガメに会えたり、水上レストランにイルカが遊びにきてくれたり、水上コテージの景色もモルディブに匹敵するほど。

そして2020年2月の息子の誕生日あたりにまた海外旅行に行きたいねーという話になり、2019年11月にエアカランのフライトを予約しました。

その数日後に、エアカレドニのサイトでイルデパン行きのフライトを予約して準備万端!

しかし!

2020年1月末ころから、予期せぬ事態が日本国民を襲ってしまったのです。

日本にも拡大してしまった新型コロナウイルス

中国の武漢で初めの感染者が確認され、その後拡大し、2020年1月末に日本でも初めて感染者が確認された、新型コロナ ウイルス感染症(COVID-19)です。

その後、日本中の100均一や薬局からマスクや消毒液がなくなり、2月中旬には県や市が主催のイベントは中止になりました。

そして、旅行はもちろん、出張まで自粛ムード。

私たちは2020年2月24日関空発のフライトで、その時ニューカレドニア内でまだ感染者はいない状況でした。

こんな状況の中「本当に行っていいのかな?」と何度も家族会議をし、エアカランに確認を取りましたが、フライトは予定通りとのこと。

旅行会社のツアーであればキャンセルは簡単ですが、私たちは今回も個人手配なので、エアカランがフライトを中止にしないのであれば「行こう!」と決めました。

あらすじ

ラマダ ホテル アンド スイーツ ヌメアについて

家族4人で泊まれるホテル

正式にはRamada Hotel & Suites by Wyndham Noumea(ラマダホテル&スイーツバイウィンダムヌメア)という名のホテルです。

ヌメアでリゾートホテルが建ち並ぶアンスバタでは、家族4人で宿泊できるホテルが複数あります。

前回はメトル島の水上コテージと、ホテル・ル・ラゴンに宿泊しました。

ホテル・ル・ラゴンについて、別の記事に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

今回もホテル・ル・ラゴンに宿泊しようか悩みましたが、せっかくなので別のホテルに宿泊したい!という話になり、ラマダホテル&スイーツバイウィンダムヌメアのデラックスアパートメントルームに宿泊してきました!

お部屋の写真や設備、バルコニーの広さや眺望については、別の記事に詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

場所が分かり辛い!

ヒルトンやルラゴン、ヌバタホテルなどは、大通りに面しているので分かりやすく、徒歩で移動する際、地図を見ればあまり悩むことはありません。

しかし、ラマダホテルの場合Google mapの位置がずれているので、まずここでプチパニック!笑(Google mapに修正報告しました)

ヒルトンとヌバタホテルの間にあることはわかっているのですが、どこの道を通ると一番近いのか、なんだか分かり辛いんです。

どういうことかというと・・・

google mapでラマダホテルを出て、ヒルトンの1階にあるラ・プロムナードショッピングセンター方面へ進み、アンスバタビーチへ行く経路を検索してみましょう!

この地図では、ヒルトンを越えてアンスバタビーチへ向かっているので、ヒルトンの1階北側から南側への抜け道はないということになります。

万が一ここに抜け道があれば、ラマダホテルからラ・プロムナード・ショッピングセンターへのアクセスが非常に便利になると思いませんか?
そらに、ここがショートカットできることで、アンスバタビーチまでの距離も変わりますよね!

ビーチまでの距離が近く、レストランやベーカリーなどが気軽に利用できると、よりラマダホテルに宿泊したい気持ちになりますよね!

98807, New Caledonia, Nouméa, 7 Rue Louis Bleriot, Anse Vataニューカレドニアで唯一の回転式の展望レストランがあるホテル

実際に家族4人で歩いてみた!

ラマダホテルを出発!

アンスバタビーチをお散歩して、ラ・プロムナード・ショッピングセンターにあるベーカリー「Au Pain d'antan」でパンを買ってラマダホテルに戻る!

先程Google mapで検索したルートを頼りに、お散歩がてら実際に歩いてみました!

まずラマダホテルの建物を出て出口まで向かいます。

アンリ・ミラール競馬場

アンリ・ミラール競馬場

ラマダホテルの敷地を出ると、向かいにアンリ・ミラール競馬場が見えます。

ヒルトンの1階に抜け道があるのか知りたいので、競馬場を右手にヒルトン方面に歩いてみたいと思います。

歩いていると、道には綺麗なお花が!

ここは決してメイン通りではない道ですが、鮮やかな花が咲いていると、より自然の美しさが際立ちますね。

お次は南国らしい木に、黄色と赤の実がなっていました!

この木の奥に見えるのがヒルトンホテルでしょうか?

ヒルトンの中を抜けれるかどうかで、ラマダホテルからビーチまでの距離が変わるので行ってみましょう!

ラ・プロムナード・ショッピングセンターへの抜け道

ラ・プロムナード・ショッピングセンターへの抜け道

ありました!

ヒルトンの北側には駐車場があり、徒歩であればこの通路が利用できるので、プロムナードを抜けてビーチに出られそうな予感!

進んでみましょう!

ラ・プロムナード・ショッピングセンター

あっという間にラ・プロムナード・ショッピングセンターに到着です!

ヒルトンホテルの1Fには、さまざまなお店があるので、ショッピングにピッタリですね!

是非覗いてみてはいかがでしょうか?

私たちはこのままアンスバタビーチに向かいます!

気候が良いので、芝生で楽しそうに過ごしている方をちらほら見かけました。

目印のフランス国旗

遠くからでもフランス国旗が見えるので目印になりますね。

この先の横断歩道を渡ると、あっという間にアンスバタビーチです。

アンスバタビーチに到着!

アンスバタビーチ

ニューカレドニアの首都ヌメアでは、こんなに綺麗な海が広がっています。

ビーチでは、のんびり本を読んだり、寝転んだり、日焼けをしたり…各自が自由に過ごしています。

忙しない日本から来ると、この穏やかな雰囲気が、とっても居心地が良いんです。

横断歩道を渡った先には、イエローグリーンが綺麗な健康器具がビーチの目の前にあります。

とてもキュートな女の子が健康器具を遊具のように遊んでいたので、我が子も一緒に遊ばせてもらいました。笑

ウエディングフォト撮影中

ウエディングフォト撮影をしているカップルと遭遇。

撮影終了後、近くを通ったお2人に向かって息子と娘が「おめでとう〜」と日本語で声を掛けていました。笑

日本の方だったようで、笑顔で手を振ってくれました!

水上レストラン「Le Roof」

アンスバタビーチには「Le Roof」という水上レストランがあります。

前回はこの水上レストランをラストディナーに利用しました。なんとその時、レストランの周りにイルカの親子が遊びにきてくれたんですよ!

一生忘れない思い出となりました。

水上レストラン「Le Roof」について、他の記事にまとめています。是非そちらもご覧ください。

観光バス「チューチュートレイン」

こちらは列車型の観光バス「チューチュートレイン」です。

アンスバタから出発して、2時間かけてニューカレドニアの名所を巡ってくれるそうです!

料金は、大人2,000フラン、子供1,000フランで乗車できるそうです!ただ、子供の年齢の記載は見当たりませんでした。

チューチュートレインの予約、問い合わせについてはmarry Dのサイトからどうぞ!

我が家も次回ニューカレドニアを訪れた際にはチューチュートレインの乗車を検討してみたいと思います!

さて、そろそろホテルに戻る時間となりました。

アンスバタビーチからヒルトンホテル方面へ向かいます。

ニューカレドニアでは信号のない横断歩道を多く見かけましたが、車は必ず横断歩道の前で止まって歩行者を優先してくれます。

とても安全です。

ベーカリー「Au Pain d'antan」

ラ・プロムナード・ショッピングセンターにある「Au Pain d'antan」のパンが美味しいと書いてあったので行ってみました。

ドラゴンやユニコーンなどの形をしたパンが飾られてあり子供達も惹かれていました。

ショーケースの写真は撮れなかったのですが、スイーツ系のパンやサンドイッチなど種類も豊富でした。飲み物もあったのでペットボトル4本購入しました。

パンは紙袋に入れてくれますが、手提げ袋はないとのことでした。
たくさん購入する場合はエコバッグなど持参すると便利だと思います!

実際に歩いてみて分かったこと

片道の所要時間

ラマダホテルからアンスバタビーチまで4歳と5際の子供連れでかかった時間は約20分でした!

ゆっくり景色を楽しみながら向かったからかもしれませんが、ヒルトン内をショートカットしたにも関わらずGoogle mapの時間よりも大幅に時間がかかってしまいました。笑

大人の足であればもう少し時間が短縮すると思います!

お散歩にピッタリ

ニューカレドニアの2月末は真夏なので、日本よりも日差しが強く、お散歩するのはしんどいかな?と心配していましたが、実際に歩いてみるととても気持ちが良かったです。

この日は晴れていましたが、風が強かったので比較的涼しく感じました。

アンスバタビーチまで本当に20分もかかったの?と驚いてしまうほど、家族のお散歩にぴったりの距離でしたよ!

広々としたお部屋で、バルコニーからの眺めも良く、360度レストランのある「 Ramada Hotel & Suites by Wyndham Noumea(ラマダホテル&スイーツバイウィンダムヌメア) 」はニューカレドニア家族旅行にオススメです!

98807, New Caledonia, Nouméa, 7 Rue Louis Bleriot, Anse Vataニューカレドニアで唯一の回転式の展望レストランがあるホテル

現地ではコロナウイルスによる影響はほぼなし

ヌメアでのマスク着用率

アンスバタビーチをお散歩してきましたが、見かける人誰もマスクは着用していませんでした!

芝生でのんびり過ごす学生や、テラスでブランチを食べている人、子供連れの家族も見かけましたが、新型コロナウイルスを警戒している様子はありませんでした。

ニューカレドニアではコロナウイルスの感染者がいないこともあり、コロナウイルスへの危機感は感じられませんでした。
(旅行期間2020年2月24日〜2020年3月2日)

アジア人差別などへの影響は?

アンスバタで遊ぶ娘の姿

私たちは子供連れだったこともあり、旅先でアジア人差別がないかとても心配していました。

今回アンスバタビーチでたくさんの人とすれ違いましたが、避けられたり暴言を吐かれたりすることなどなく、穏やかに過ごすことができました!

ニューカレドニアは元々親日ということもあり、日本人はとても旅行しやすいと感じました!

今後のコロナウイルスの状況によって変化はあるかもしれませんが、これからニューカレドニア旅行を検討されてる方の参考になれば幸いです!

ニューカレドニアの最新情報はエアカラン公式サイトニューカレドニア観光局のサイトを確認してくださいね!

ホテルに戻り、予約しておいたタクシーでマジェンタ空港へ向かいます!

いざ、イル・デ・パンへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です