ちょっとすてきなWATASHI生活

【ちょっとすてきな子連れ旅】コスタネオロマンチカで行く!古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山 4日目[福岡港]

私たちは2019年8月16日から21日までのコスタネオロマンチカで行く【古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山(韓国)Aコース5泊6日】に乗船しました。
※台風の影響で17日から21日の4泊5日となりました。

この記事では乗船4日目に行われたイベントや、私たちが船内でどのように過ごしたか等、紹介していきたいと思います。

【乗船1日目 舞鶴港】
舞鶴港からの乗船と、乗船後にすることについて気になる方は前回の記事をご覧ください。

【ちょっとすてきな子連れ旅】コスタネオロマンチカで行く!古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山 1日目[舞鶴港乗船]

【乗船2日目 金沢港】
カクテルパーティーの様子や、ビンゴ大会について気になる方は2日目の乗船記をご覧ください。

【ちょっとすてきな子連れ旅】コスタネオロマンチカで行く!古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山 2日目[金沢港]

【乗船3日目 釜山港】
釜山の見どころや、釜山港旅客ターミナルの乗下船について気になる方は3日目の乗船記をご覧ください。

【ちょっとすてきな子連れ旅】コスタネオロマンチカで行く!古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山 3日目[釜山港]

乗船4日目の寄港地「福岡」

福岡港中央ふ頭クルーズセンターに停泊中のコスタネオロマンチカ

今回のコースは福岡、舞鶴、金沢の3箇所からコスタネオロマンチカに乗船し、境港、釜山と寄港する予定でしたが、境港が抜港となり、昨日釜山港を出て次に向かったのは「福岡」です。

今日は福岡中央埠頭に到着します。 この日の「TODAY」では、福岡中央埠頭に8:00に到着、最終乗船時間は15:30となっていました。

同じコースでも金沢の次の寄港先が「境港」の場合は時間が違うのでお気を付けください。※台風の影響で境港は抜港となりました。

乗船4日目の船内の過ごし方

博多港で日本入国審査が行われました

私たちは2日目の金沢で出国審査のスケジュールを勘違いして船内に取り残されてしまったので、それから「TODAY」をしっかり読むようにしました。笑

出国審査は入国審査の案内とは違い、9:30までに出国審査を終えるよう指示があったので、早目に行動して9:00過ぎに船を降りました。

乗客全員が船から降りて入国審査をしないと、誰も船内には戻れません。そのため、乗客全員の下船(入国審査)が確認できるまでは、福岡中央ふ頭クルーズセンターで待機することとなるので、早く降りると待ち時間が長くなってしまうので気をつけましょう!

福岡で外出される方は、クルーズセンターで待機する必要はありません。入国審査を終えるとそのままお出掛けして、乗船時間までに戻れば大丈夫です。

福岡では天気が悪かったので、私たちは船内で過ごすことにしました。予定より30分ほど時間は押しましたが、乗船許可の案内があり無事に船内に戻ることができました。

リロデッキからみる寄港地

入国審査後、またまた大好きなリロデッキへ行ってみました。この日の空は雲が多く、今にも雨が降りそうなお天気でした。

晴天ではない分、暑くなかったので、外で過ごしやすい気候でしたよ。

乗船4日目の船内イベント

デッキでダンスレッスン

今日も子供達とパパがプールに入っている間、私はデッキで寛いでいると、外で流れているBGMが大きくなり、どこからか声も聞こえてきます。

あれ?と辺りを見渡していると、デッキにマイクをもったクルーが登場、プールにいてる人やデッキにいる人たちに呼びかけると、あっという間に人が集まりました。

そしてダンスレッスンが開催されました。クルーが前で音楽に合わせたダンスのお手本を見せてくれます。

実はここで学んだダンス、しっかり披露する場も用意されてあるんです。

今回、台風の影響でスケジュールが大幅に変更となりましたが、それでもコスタネオロマンチカのスケジュールは計算尽くされているんですね。

子供が喜ぶタオルアート

お部屋に戻ると、クルーズではお馴染みのタオルアートが。

子供達はタオルアートで作られたゾウさんをみて大喜びです。こういう細やかなサプライズが、子供とって忘れられない思い出になっているような気がします。

ちなみに、先程クルーズではお馴染みのタオルアートという紹介をしましたが、実は昨年乗船した8泊9日のコスタネオロマンチカのクルーズでは、 今回のような タオルアートのサプライズはありませんでした。

お部屋を担当してくれるハウスキーパーさん次第なので、無い場合もあるということを覚えておいてください。

乗船前にタオルアートのことを子供に話してしまうと、期待してしまうので、内緒にしておくと良さそうです。笑

バイバイ福岡!セイル・アウェイ・パーティー

乗船4日目の16:00からセイル・アウェイ・パーティーが開催されます。

デッキ11で行う予定でしたが、悪天候のため デッキ8の船央にある「Grang Bar Piazza Italia」に会場を変更して行われました。

コン・テ・パルティロを熱唱

歌や踊りを披露いただくと、どこかで聞いたことのある音楽が流れだしました。そう、お昼に聞いたことのあるダンスレッスンの音楽です。

そして、ゲストにも前に来るよう呼び掛けがあり、ダンスパーティーの始まりです。
プールサイドでダンスレッスンに参加した方は、まさかセイル・アウェイ・パーティーでダンスを披露することになるとは驚きですよね。

広い船内を支えているクルーのご紹介

その後、コスタネオロマンチカを支えているクルーの紹介が行われました。子供たちはスクオッククラブのクルーが前に出ると、全力で手を振っていました。短い間でしたがしっかり子供心を掴んでくれたようです。

舞鶴港、金沢港最終下船説明会

Grang Bar Piazza Italia(船央:デッキ8)

セイル・アウェイ・パーティーの後、同じ会場 「Grang Bar Piazza Italia」で舞鶴港、金沢港で下船する乗客向けの「最終下船説明会」が開かれました。

「最終下船説明会」と聞くと少し硬そうな印象を持ってしまいますが、下船の際に預けるスーツケースを出す時間やタグについて、下船当日の手荷物の一時預かりなど、身近な内容について説明があります。

万が一、最終下船説明会に来れなくても、この後客室に届く「TODAY」に全ての内容が書かれてあるので、心配しなくても大丈夫ですよ。

船内のレストランについて

ブレックファーストは「Giardino Buffet」

明るくて清潔なレストラン「Giardino Buffet」

私たちはこの日もデッキ10の船尾にある「Giardino Buffet(ジャルディーノレストラン)」で朝食をいただきました。

大きな窓があり、航海中は海を眺めたり、寄港地の景色を眺めたりとても居心地の良いレストランなんです。

実は私たち、夫婦で糖質制限をしているため、普段のお食事では極力、炭水化物は控えていて、船の上でもサラダやお肉などを中心にいただいていました。

しかし、時々「Cheat day(チートデー)」とよばれる、身体を騙す日がやってきます。その日だけは炭水化物を中心に食べて良いんです。

身体を騙すだけではなく、ストレスの発散にもなるので、今日は思う存分大好きなパンと甘いものを食べちゃいますよ。

「Giardino Buffet」にはこんなに美味しそうなドーナツ、パン、デザートがあるんですよ。毎日サラダ類ばかりいただいていたので、なかなか紹介できませんでした。笑

ブランチは「GRILL CAPRI」

GRILL CAPRI(船央:デッキ11)

ジャルディーノレストランの上にある「GRILL CAPRI(グリルカプリ)」は、ジャルディーノレストランが閉まってから利用できるブュッフェレストランです。

並んでいるお料理は、ジャルディーノレストランとほぼ同じメニューなので、朝起きるのが遅くなった時などに利用しました。

本格石窯ピッツァ「ナポリピッツァ」

ナポリピッツア(船央:デッキ11)

店内はモノトーンにレッドの差し色がお洒落なインテリアで、船上で唯一、薪を使い石窯オーブンで焼き上げた熱々のピッツァが食べられることで有名なレストラン「ナポリピッツァ」です。

コスタクルーズの船の中でも、本格石窯オーブンがあるのはコスタネオロマンチカだけだそうですよ。

店内はオープンキッチンなので、シェフが生地から作って、石窯で焼いているところを間近に見ることができます。

「ナポリピッツァ」のメニューはこちらです。メニュー画像は拡大してみることができるので、是非参考にしてみてくださいね。

たくさんの種類があり、どれを頼むかとっても悩みましたが、せっかくなのでシンプルな"マルゲリータ"をオーダーしました。

焼き立て熱々の石窯ピッツア

これが実際に私たちがいただいたマルゲリータピッツァです。焼き立てで生地がモチモチとしていてとっても美味しい!子供達も兄妹で取り合いするほど「美味しい!」と言っていました。

ピッツァ1枚が8.50USD〜という価格は、とても安いと感じました。

是非コスタネオロマンチカに乗船された際には「ナポリピッツァ」で焼き立て釜焼きピッツァを食べてみてくださいね!

ディナーは「Botticelli Retaurant」

「Botticelli Retaurant」のメニュー

今日はラストディナーです。「Botticelli Retaurant」にはこの4日間、とても良くしてくれたウェイターさんがいるので「ありがとう」を伝えに行きました。

「明日帰るよ〜」と話すと、たくさんのウェイターさんがテーブルの周りに集まって、子供たちと写真を撮影したり、たくさん話しかけてくれて、本当に良い時間を過ごすことが出来ました。

ブュッフェレストランでは、あまりクルーと会話をする機会がないので、私たちは「Botticelli Retaurant」が大好きになりました。

船内のお土産情報

デッキ9の船央にショップがあり、ブランドバッグや時計、香水やお土産に最適なチョコレートなどたくさん売っています。

コスタネオロマンチカのオリジナル商品

ショップオープン中の様子(船央:デッキ9)

こちらはカフェ前にあるショップで、先程のショップと品揃えが違うので「この商品ありますか?」と伝えると、持ってきてくれました。笑

せっかくコスタネオロマンチカに乗船したので、お土産もオリジナルの商品を買って帰りたいですよね。

コスタベアとコスタネオロマンチカのチョロQ

オリジナル商品が売ってあったので、クルーズの思い出に子供たちにお土産を選んでもらうと・・・

息子はコスタネオロマンチカのチョロQ、娘はコスタクルーズのテディベアを選びました!

その他にも、キーホルダーや帽子、お絵かきボードなど様々なオリジナル商品が販売されていましたよ。

コスタクルーズさんにリクエスト

船内で購入したお土産はこちら

親戚や友人への旅行のお土産に最適な「〇〇に行ってきました!」シリーズの商品はなく、コスタクルーズさんもったいな~い!と叫びたくなりました。

今回は渋々、日本をイメージした パッケージが珍しい 「GODIVA」の商品を購入しましたが、「コスタネオロマンチカに乗ってきました!」と書かれたパッケージに、クルーズのルートや、寄港地名などが記載されてあるお菓子を販売してくれたら、プレゼント用に爆発的に売れると思いました。笑

コスタクルーズさん、是非お願いします!

客室の廊下は船首(青)船尾(赤)に色分けされています(船首:デッキ7)

明日下船のため、預けるスーツケースを夜中の1:00までにお部屋の外に出しておかなければならないので、 今日購入したお土産と荷物を詰めましょう。

8月20日に福岡を出港し、明日は舞鶴で最終下船です。

【ちょっとすてきな子連れ旅】コスタネオロマンチカで行く!古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山 5日目[舞鶴港下船]

ちょっとすてきなクルーズ情報

マイファーストコスタ割!

ベストワンクルーズのマイファーストコスタ割は、13歳以下のお子様が無料に加え、ドリンクパッケージ付きなんです!

2019年10月~2020年10月までのツアーが対象で、 4泊5日のクルーズで最安値が30,800円~とは驚きですよね!

画像が表示されない方はこちらからどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です