ちょっとすてきなWATASHI生活

【ちょっとすてきな子連れ旅】コスタネオロマンチカで行く!古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山 1日目[舞鶴港乗船]

私たちは2019年8月16日から21日までのコスタネオロマンチカで行く【古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山(韓国)Aコース5泊6日】を予約をしました。

しかし、台風10号が西日本に上陸する際、私たちの前のコースが影響を受け、済州島で延泊となり乗船予定だった16日に舞鶴港に入港できなくなってしまったのです。

8月14日の朝に16日出港予定だったスケジュールを17日に変更する旨の案内があり、コスタネオロマンチカの公式HPやTwitterでも配信されました。

そのため、当初は5泊6日予定でしたが4泊5日となり、3日目に寄港するはずだった境港が抜港となりました。

クルーズはフライトよりもさらに天候の影響を受けやすいため、安全を第一に寄港先やスケジュールが変更される場合がありますので、みなさんもいざという時の為に、心の準備をしておいてくださいね。

コスタネオロマンチカとは

コスタネオロマンチカは、コスタクルーズが所有するイタリア船です。

私たちは2018年のGWにもコスタロマンチカに乗船しました。この時の乗船記はすごい旅人求人サイトSAGOJO に掲載いただきましたので是非ご覧ください。

海上のイタリア!? “何もしない贅沢”を家族で満喫できるクルーズ船『コスタネオロマンチカ』に乗ってきた | SAGOJO(サゴジョー)

神戸から高知、台北、宮古島、東京へ寄港し神戸へ戻る8泊9日の旅。この記事では、小さな子ども連れ家族がどのように船旅を楽しめるのか、ママ目線でお伝えします!

舞鶴発着のクルーズ旅で知っておきたいこと

舞鶴港について

舞鶴港に停泊中のコスタネオロマンチカ

アクセス方法

舞鶴港は大通りから大きクルーズ船が見えるので比較的分かりやすいです。
コスタネオロマンチカが停泊している第二埠頭からクルーズ客船専用駐車場は徒歩7分ほど離れたところにあります。

徒歩7分とはいえ、駐車場から乗り場まで子連れで大きな荷物を持っての移動や、8月の暑い時期では一苦労ですよね。

舞鶴港では、駐車場から第二埠頭まで無料のシャトルバスがあるので、利用すれば約2分で第二埠頭まで行くことができます。

しかし、子連れでバスに乗るのは気が引ける…という方は、第二埠頭までマイカーで行き、荷物と子供たちを降ろして、後から駐車場に車を移動するということも可能です。

空港で見かけるタイプのキャリーカート

実際に私たちは、子供が酔いやすいのでバスには乗らず、マイカーで第二埠頭まで行きました。荷物を降ろしていると係の方が車の近くまでキャリーカートを持ってきてくれました。

椅子がたくさんあるので座って待つことができます

お陰で子連れでも楽々で移動することができました。私と子供たちは待ち合いで待機してパパに車を駐車場まで停めに行ってもらいました。

クルーズ期間の駐車場料金について

駐車場から第二埠頭のコスタネオロマンチカを撮影

舞鶴港にはクルーズ客船専用駐車場があります。また驚くことにクルーズ期間の駐車料金は一切かかりません。無料です。

昨年は神戸港発着の9日間のクルーズだったので、駐車場がなかなか見つからず困りました。

クルーズに乗船する際、確実に停めらる駐車場があるなんて本当にありがたい。さらに無料だなんて驚きです。

舞鶴に行く前に立ち寄りたいおすすめスポット

歴史的な「舞鶴赤レンガパーク」

舞鶴赤レンガパーク

赤レンガは横浜だけではありません。舞鶴には赤レンガパークがあります。

今回私たちは立ち寄れませんでしたが、以前行ったことがあり、とても綺麗なところなので初めて舞鶴に行かれる方にはおすすめです。

舞鶴港から車で17分ほどの距離にあるのでアクセスが良く、気軽に立ち寄れるのが良いですね。

2019年9月7日(土)8日(日)には「東京ディズニーシーⓇ「ダッフィーバス」がやってくる!」というイベントが開催される予定です。

さまざまなイベントが行われているので、 舞鶴に行かれる際はチェックしてみてくださいね。

子連れで立ち寄りたい「 丹後魚っ知館 」

丹後魚っ知館は舞鶴市のお隣、宮津市にあります。

舞鶴港から丹後魚っ知館までの距離は23km(約35分)なので少し遠く感じますが紹介したい理由があります。

大水槽は迫力満点

関西電力が運営している小規模な水族館ですが、大水槽にはたくさんの魚がいるので見応えがあります。また、魚の餌やりや、飼育員さんへの質問コーナーも実施されるので子供達は大喜び。

ハリセンボンの仲間「イガグリフグ」

なかなかお目にかかれないというハリセンボンの仲間の珍魚「イガグリフグ」も展示されています。このイガグリフグが展示されている水族館は少ないそうですよ。

入館料は大人300円、小・中学生150円というリーズナブルな価格なのも嬉しいですよね。

日本最大級のタッチングプール

また、屋外には無料で遊べる日本最大級のタッチングプールがあります。魚やヒトデなど、子供が直接手を触れて観察することができるので、クルーズ乗船前にも子供たちの良い思い出ができそうですね。

乗船後にすることまとめ

舞鶴港に停泊中のコスタネオロマンチカ

舞鶴港に到着したら記念写真を撮影して、早速コスタネオロマンチカに乗船しましょう。 クルーズチケットとパスポートを提示して、スーツケースを預ければ準備完了です。

セキュリティーチェックを終えたら、船内で顔写真を撮ってくれます。ここで撮影した顔写真がクルーズカードに登録されます。

「無事に乗船できた!」と喜んだのも束の間、エレベーターホールに立ち尽くす人がチラホラ。 乗船後にすることは各自の自由なので、誰も教えてくれません。

「これからどうしたらいいの?」と迷ってしまわないよう、乗船後にやることをまとめてみました。

お部屋に行き、スーツケースを船室へ

海側キャビン

乗船の時間にもよりますが、預けたスーツケースがお部屋に届いていることがありますので、 私たちは乗船後まずお部屋に行きます。ドアの前にスーツケースがあったらお部屋の中へ入れましょう。

スーツケースに入れているシワになりやすいお洋服、スーツやワンピースはクローゼットのハンガーにかけておきましょう。

大人と子供のスリッパはデザインが違います

ちなみにコスタネオロマンチカには子供用のスリッパの用意があります。娘には少し大きいですが嬉しいサービスです。

船内スケジュールをチェック

船室に置いてある「TODAY」

乗船日にお部屋に行くと当日のTODAY(船内スケジュール)が置いてあります。 「TODAY」の画像は拡大して見られますよ。

その後は、夜に翌日のTODAYが船室に届きます。
イベントへの参加は自由ですが、避難訓練や出入国など、全員必須の案内も書かれてありますのでしっかり目を通しましょう。

TODAYには毎日のドレスコードも記載されてあり、合わせてお洋服を選ぶとよりクルーズを楽しめますよ。

クルーズカードを確認しましょう

コスタカードは肌身離さずが鉄則です

お部屋にコスタカード(クルーズカード)が置いてあります。コスタカードは、お部屋の鍵、身分証明、船内会計に利用できる万能なカードなんです。紛失しないよう、ネックストラップ付きのカードホルダーに入れておくと良いですね。

船内でのお支払いはコスタカードで行います。現金とクレジットカードどちらにするか決めておきましょう。下船日に精算に行かなくて良いので、クレジットカードが便利です。

クレジットカード登録(船央:デッキ5)

船内でこの機械を見かけたら、コスタカードにクレジットカードを紐付ける手続きをすることを忘れないようにしましょう。

避難訓練は全員参加が義務付けられています

避難訓練にはお部屋の救命胴衣を持っていきます

避難訓練は乗船日に必ず行われます。英語で避難訓練は「ドリル(drill)」というので覚えておくと良いですね。

避難訓練の時間には館内放送もありますが、TODAYを確認して時間と場所を間違えないよう移動しましょう。

キッズクラブの説明・登録会

スクオッククラブ(船尾:デッキ10)

クルーズ期間中、子供は スクオッククラブ(キッズクラブ)へ無料で預けることができます。 スクオッククラブを利用したい場合は、乗船日の説明・登録会へ行きましょう。

ちなみに説明会は子供の参加は必須ではありません。保護者が説明を聞き、登録したい子供のコスタカードを持参すれば大丈夫です。

スクオッククラブのスケジュール

スクオッククラブ(船尾:デッキ10)

登録を終えたら、TODAYとは別に スクオッククラブのみのスケジュールがもらえるので確認しましょう。

キッズクラブが利用できない時間帯もありますので、子供が行きたいイベントを確認して、事前にスケジュールを決めておくと良いですね。

コスタネオロマンチカ の船内を満喫

子供OKのプール(船央:デッキ11)

コスタカードの支払い登録や避難訓練、キッズクラブの登録など、やることが終われば自由時間です。

思う存分、船内を楽しみましょう!

夢のようなひとときを

寛ぎやすいソファーが並んでいます(船央:デッキ11)

平日は仕事をしながら家事をして、毎日の献立を考えたり、休みの日は子供とどこにお出掛けするか悩んだり、日々休みがなくて疲れがたまっている子育てママ。

船の上では、お腹が空いたらレストランでお食事をして、デッキでゆっくり景色を眺め、プールやジャグジー、ジムやスパなど有意義な時間を過ごすことができます。

これこそが子連れでクルーズをおすすめする理由なんです。

見ないと損!マジックショー

船内イベント「マジックショー」

乗船日にマジックショーが開催されました。二部制の場合は、メインレストランでのディナーの時間と重ならないよう、都合のいい時間を選んで見に行きましょう。

私たちは乗船日だったのでバタバタしてしまい、前の席に座ることはできませんでしたが、やっぱりマジックショーはとても見ごたえがあります。

マジックショーの途中、客席からマジックのお手伝い役に抜擢されることがあります。実際に昨年乗船したコスタネオロマンチカでは私がお手伝い役に選ばれ、間近でマジックを体験することが出来ました。

興味のある方は、ショー開演時間よりも早目に会場へ行き、 前方の座席をゲットしてみてくださいね。

屋外イベント「ホワイトナイト」

船外イベント「ホワイトナイト」

今回は乗船日にコスタネオロマンチカでは定番の「ホワイトナイト」という屋外イベントが開催されました。デッキはホワイトカラーで飾られ、デッキはライトアップされます。

デッキの装飾が素敵なイベント

真っ暗闇な海上を進む船の上で音楽が流れ、気持ちの良い風を浴びながら過ごす。これだけで最高の気分を味わうことができます。

TODAYを確認して、家族でスケジュールを立ててくださいね。

8月17日に舞鶴を出港し、明日は金沢です。

【ちょっとすてきな子連れ旅】コスタネオロマンチカで行く!古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山 2日目[金沢港]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です