ちょっとすてきなWATASHI生活

【ちょっとすてきな新作iPhone】iPhoneを毎年買い替えて11年目!iPhone 11 Pro予約完了![2019年版]

iPhoneを毎年変え続けて11年

iPhone3Gから現在まで

これまで旅記事ばかり書いてきましたが、iPhoneについも書いていきたいと思います。

実は私、パソコンやガジェットが大好きなんです。

iPhone 3Gが日本で発売された2008年、当時22歳の私は、Appleマニアのおじさんたちと発売日に並んでゲットしたほど。笑

それまでドコモ1本でしたが、iPhoneの発売を機に、ソフトバンクのiPhoneとドコモのガラケーの二台持ちになりました。
※iPhone3Gは端末としては使えないレベルでした。笑

その後、2013年にiPhone5sが発表され、発売日から約2か月後の11月に 国内で初めてiPhoneのSIMフリー端末がApple Storeで発売されました。iPhone 5sは発売日に購入していたので、翌年のiPhone 6からSIMフリー端末ユーザーとなりました。
※MVNOはIIJmioを使用しています。

国内でiPhoneが発売されてから11年が経ちますが、私は毎年最新のiPhoneを発売日に購入し続けています。

【ちょっとすてきな新作iPhone】iPhoneを毎年買い替えて11年目!iPhone 11 Proが届くまで[2019年版]

これまで購入したiPhone

私が購入した歴代モデルをまとめてみました。
※端末の交換等は含みません。

・iPhone 3G 16GB
・iPhone 3GS 32GB
・iPhone 4 32GB
・iPhone 4S 64GB
・iPhone 5 64GB
・iPhone 5s 64GB
・iPhone 6 64GB
・iPhone 6s 128GB
・iPhone 7 128GB
・iPhone X 256GB
・iPhone XS 512GB

毎年iPhoneの発売日が近づくと、LINEが増えるのはこのせいでしょうか。笑

よく「512GBなんていらない」と言われますが、私が現在使用しているiPhone XSの使用可能容量は残り僅か4.8GBです。
そろそろ1TBのiPhoneが出てくれないかなと個人的に願っています。

「iCloud Drive使いなさい!」というお言葉をいただきそうですが、サーバーもいくつか契約していますし、iCloud Drive、Googleドライブ、OneDrive、Dropboxも必要な時に利用しています。

共有する必要のないファイルを闇雲にネット上にアップロードするのがあまり好きではないことと、オフラインで表示したいものが多いと思っていただければ嬉しいです。笑

iPhoneを毎年買い替え続ける理由

「iPhoneを発売日に毎年買い替えるってモノ好きだよね」と言われますが、私なりの【理由】があります。

型落ちのモデルが高値で売買される時期に売る

最新の端末や機能が気になることは前提として、Apple製品は特に値が落ちにくいので、1年ほどの使用であれば、すぐに欲しい人が見つかります。

また、データを丸ごと別の端末に移動できるのがスマートフォンのメリットですよね。なので、ガラケーのように使わなくなった端末を家に置いておく必要はないという考え方です。

Apple Care+は未加入

Apple Care+は、ハードウェア製品保証が2年に延長されますが、私は1年ごとにiPhoneを買い換えるので、Apple Care+に入ったことは一度もありません。

1年以上使用するのであれば入るかもしれませんが、毎年買い替える場合は、1年間は保証があるので問題ありません。

その分、私はiPhoneのケースや保護フィルム選びには気をつけている方だと思います。そのお陰で、今まで一度もiPhoneの画面割れや本体に傷を付けたことがないんです。

そのため、AppleCare+は不要だと思っています。

スマホはバッテリーが命

スマートフォンように毎日使用する端末はバッテリーが重要ですよね。

長期間利用すると、いつかバッテリーが消耗します。iPhoneは、バッテリー交換だけでも5400円〜7400円かかります。
※Apple Care+加入の場合は無料です。

しかし、Apple Care+に入っていても、3年目にバッテリー交換をすると、保証が切れているので実費となります。

ちなみに、1年以内にバッテリーの消耗がひどい場合は、メーカー保証が適応されるのでバッテリー交換も無料です。

買い替えの理由 まとめ

私がiPhoneを毎年買い替える理由は、最新の機能、新品のバッテリー、Appleの保証この3点のために購入していると言っても過言ではありません。

iPhoneを長期使う場合の費用シミュレーション

例えば、新作のiPhoneを2年以上使用すると決めて、iPhone 11 Pro 512GBを買う場合、本体価格の156,384円とAppleCare+24,624円の181,008円が必要となります。

これをAppleのショッピングローン(無利子)で購入した場合、24ヶ月払いでも月々7,542円必要なんです。

その間に新しいiPhoneが発売される可能性が高いことや、今使っている端末の価値が下がっていくことを考えると、なんだかもったいないと思いませんか?

iPhoneを毎年買い替えた場合の費用シミュレーション

昨年を例に考えてみましょう。iPhone XSを165,024円で発売日に購入しました。その後すぐに前回のiPhone Xを109,000円でお譲りしました。その差額はなんと56,024円です。

毎年買い替える場合は、Apple Care+の加入費用(22,800円)が抑えられることや、バッテリーの交換費用(7,400円)も不要なので、これだけでも30,200円の価値があると私は考えています。

端末は手元に残りませんが、古くなったモデルは、いずれAppleのサポートも終了となり、新しいアプリケーションも未対応となりますよね。

新しいiPhoneの機能を25,824円で購入したと思えば、賢いお買い物だと思いませんか?

いかがでしたでしょうか。
iPhoneを毎年買い替えるメリットを少しでも感じてもらえたら嬉しいです!

iPhoneのモデルの選び方

新しいiPhoneが発表された時にどのモデルを選ぶか悩みますよね?
予約が開始されるまで、友人からも「どれ買うの?」とよく聞かれます。

私のモデルの選び方は「来年高値で売れる端末」という選び方なので、とっても簡単です。

iPhone下位モデルは却下

まず今回発表されたiPhone11はiPhone XRの後継モデルです。そのため、iPhone XSと大幅に代わり映えしないスペックでは、来年には価値が落ちると予測されるためiPhone 11は選びません。
※1台のiPhoneを長期で使う方は、自分の好きな端末を選ぶようお勧めしています。

iPhone 11 Pro か Pro Maxの選択

次に、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの選び方ですが、私は「片手でも操作ができるモデル」を常に選択しています。

私にはMaxは大きすぎるのでここで却下です。

容量選びのポイント

iPhoneの容量の選び方は、最大容量を選択しています。

来年売る時には型落ちとなりますが、容量が多いと型落ちでも売れやすいという傾向があります。

新色について

最後にiPhoneの色選びについてお話ししていきましょう。今回で言うと、新色はミッドナイトグリーンですね。

初めてゴールドが発売された時など、当初はその年から出た新色を選んでいました。しかし、翌年になると1年前のモデルという印象が強くなるため、最近は新色にこだわらないようにしています。

2019年最新iPhone予約開始

予約開始は2019年9月13日 21時から

これまでの経験から、予約開始時間にApple Storeにアクセスすると「しばらくしてからぜひまたお越しください」と表示され、予約画面の表示まで数分かかるというのが恒例でした。

今年の予約開始時間は21時だったので、仕事も終わってひと段落着いてスタンバイする人も多いだろうと考えていて、私自信アクセスできるかどうかとても不安でした。

また、外出中だったため、さらに大きな不安がありました。

しかし…

21:00ジャストにApple Store Appを立ち上げると、何事もないかのようにApple Storeの画面が立ち上がり「予約注文」をタップするとこれまたスムーズにアクセス出来ちゃいました。

外だったので急いで注文をすると、21:01には予約を終えることができました。

もちろんお届け予定日は2019年9月20日です。

下取りに出すのは損!

各キャリアやApple StoreでiPhoneを購入する際、現在使用している端末の下取り価格が表示されていると思います。

しかし、下取りの見積もりは市場の相場より大幅に安いので損しちゃいます。
私が現在使用しているiPhone XS 512GBの下取り額は「¥51,480」です。

型落ちモデルの価格は日に日に下がりますが、2019年9月時点でiPhone XS 512GBのSIMフリー端末が5万代で売買されることは少ないないでしょう。

ただ、自分で売るのは面倒だし、下取りに出さなかったら家で眠ってしまう…そんな人だけは下取りに出しても良いと思います。笑

ショッピングローンの選択について

私は発売日からsimフリー 端末が購入できるようになったiPhone 6からクレジットカード一括払いにすると決めて、予約時に悩んでしまわないようにしています。

そのため、Apple Storeのショッピングローン(オリコ)は利用したことがなかったのですが、今回友人 から「ショッピングローンが選べない!なんで?」とLINEがあり、どんなシステムなのか調べました。

Apple Store Appでは支払い方法をタップしてもクレジットカード以外選択できませんでした。

念のためApple Storeのサイトから商品購入手続きを進めてみると「Orico(オリコ)」と表示され選択することができました。

ただ、受け取り方法を「店頭受け取り」を選択した場合ショッピングローンを選択することが出来ないようです。ショッピングローンでiPhoneを予約注文したい場合は、必ず「配送を希望する」を選択しましょう!

※予約日はアクセスが集中するので、落ち着いたら店頭受け取りでもショッピングローンの選択ができるそうです。

iPhone 11 Proレポートについて

iPhone11 Pro 512GBのスペースグレイが発売日の2019年9月20日に到着する予定ですので、いち早くレポートが届けられるよう頑張ります!

この部分どうなってんの?
この事は誰も教えてくれないんだけど?

iPhone 11 がお手元に届くまで皆さん気になる点があるかと思いますので「この部分について詳しくレポートよろしく!」などご意見お待ちしています!

では、新作iのPhone 11 Proが届くまで楽しみに待ちましょう!

【ちょっとすてきな新作iPhone】iPhoneを毎年買い替えて11年目!iPhone 11 Proが届くまで[2019年版]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です